足立区サッカー協会/トップ
足立区サッカー協会/事務局だより
足立区サッカー協会/審判委員会
足立区サッカー協会/壮年部
足立区サッカー協会/中学部
足立区サッカー協会/少年部
足立区サッカー協会/女子部
足立区サッカー協会/一般部
足立区サッカー協会/フットサル部
足立区サッカー協会公式ホームページ:審判委員会
ADACHI FOOTBALL ASSOCIATION OFFICIAL HOME PAGE
審判委員会へのメールはこちら
   AFA審判委員会からのお知らせ
前ページ 次ページ
*写真をクリックで拡大されます。
 2009/12/14
■ 足立サッカー協会主催4級審判員新規講習会のお知らせ
日時 2010年2月7日(日)
場所 西新井ギャラクシー及び島根小学校
時間 9:10〜17:00
申し込み期間 2009年12月14日〜1月19日
kick off (JFAホームページ)よりお申し込みください。
 2009/09/09
■ 足立サッカー協会主催 4級審判更新講習会のお知らせ
日時 2009年10月25日(日)9:10〜13:00予定

場所 西新井ギャラクシー

応募 9/15より KICK OFFから直接申し込みください。

講師から直接、生のお話しを聞いて本当に何が重要なのかを学習できる講習会に参加することが審判としてのレベルアップにつながると1つとしてお勧め致します。
 2008/12/01
■ 4級新規取得講習会のお知らせ
日時   2009年2月8日(日)
場所   西新井ギャラクシティ及び島根小学校
時間   9:00〜17:00 
申込期間 12月8日〜1月30日
直接、KICK OFFよりお申込ください。
詳細もそちらをご覧下さい。
申込画面をコピーするなど忘れ物のないようお願い致します。
 2008/09/26
■ 08年度4級審判更新講習会
足立サッカー協会主催 4級審判更新講習会のお知らせ

日時 2008年11月2日(日)9:20〜13:00予定

場所 西新井ギャラクシー

応募 9/25より KICK OFFから直接申し込みください。

講師から直接話の聞ける講習会にて更新することをお勧めします。

 2007/12/03
■ 4級審判新規取得講習会
下記のとおり、来年の4級審判新規取得講習会のご案内をいたします。

       記

日時   2008年2月3日 午前9時より

場所   西新井ギャラクシー 3階研修室及び島根小学校

申込期間 12月5日より1月15日

申込方法 日本協会のホームページ(Kick・OFF)より申込

尚、必ず支払いを済ませてください。念のため支払控えを当日持参してください。雨天時は体育館シューズを持参してください。また、納入された費用はいかなる理由があっても返金できません。(講習会費用、ルールブック代) 
 2007/07/17
■ 2007競技規則の改定について
各カテゴリー関係各位殿

FIFA、日本協会より、2007年競技規則の改正について通達されました。各カテゴリー選手、役員、審判員など関係者に周知徹底を図られるようお願いいたします。
足立サッカー協会が主催する試合については、7月1日以降のしかるべき日から施行することに致します。 通達文については、下記のアドレスより取り出してください。(PDF)また、以前の通達(昨年など)も載っているため混同しないようご注意ください。

      記

日本サッカー協会HPホーム→JFA→競技規則より

www.jfa.or.jp/jfa/law/

でダウンロードしてください。

 2007/02/16
■ 4月22日(日)四級審判員資格更新講習会申し込みのお願い
四級審判員資格更新講習会 2007年4月22日(日) 会場 ギャラクシティ
なるべく、午前の部へのお申し込みをお願いします。定員の関係で午前の部だけの開催の可能性が在りますので、ご協力お願いします。

申し込み手続きは、JFAのWebサイトより、約2ヶ月前から可能となります。(2月22日前後)
 2006/10/08
■ 次回の四級審判員資格講習会のお知らせ
次回の、当協会主催の四級審判員資格に関する講習会は、次の通りです。
新規四級審判員資格取得講習会  2007年2月 4日(日) 会場 ギャラクシティ
2/4の新規講習会の申し込みは、2006年12月2日より可能となります。
四級審判員資格更新講習会     2007年4月22日(日) 会場 ギャラクシティ
申し込み手続きは、JFAのWebサイトより、それぞれ約2ヶ月前から可能となります。
 2006/09/11
■ 理事長便り フェアプレーとは(3)
(3) フェアプレーの原点

     ルールを覚えることだけではなく、「ルールの精神」を理解し、実践に移すことが大事なように、フェアプレーも「フェアプレーの原点」を理解することが重要です。
何故フェアプレーが大切なのでしょうか。プロであろうと小学生であろうと、サッカー選手がサッカーをプレーしている最大の動機は「サッカーが大好きだ」ということです。好きだから誰でも「楽しく」プレーしたいと考えています。そしてプロの試合を見に来る人も、テレビで観戦するファンも楽しいサッカーを見たいと考えているはずです。
  フェアプレーの原点はここにあります。サッカーが好きだから、その価値を高める行為=フェアプレー=が必要となるのです。サッカーにフェアプレーがなくなり、「勝つための手段はすべて正当化される」というプレーばかりになったら、誰も楽しくプレーすることも出来ないし、楽しく試合を見ることも不可能となります。そうすれば、やがてサッカーというスポーツは死に絶えてしまうでしょう。サッカーを心から愛しこれからずっと楽しくプレーし観戦したいと考えている人は、すべて「フェアプレー」の理解者ということが出来ます。 「フェアプレー」は、私たちが愛するサッカーというスポーツの価値を高めてくれるものです。そしてそれは同時に、サッカーに取り組む私達自身の価値、私たちの人生の価値を高めてくれるものなのです。

   「フェアプレーの原点」 @サッカーを愛していること
               A楽しくプレーしたいと考えていること
               Bサッカーの価値を高めたいと考えていること


サッカーが好きだから、フェアプレー

フェアプレー・プリーズ〜〜〜原田隆好

ご意見、お問い合わせは・・・・・・harada4107@dune.ocn.ne.jp
 2006/09/11
■ 理事長便り フェアプレーとは(2)
(2) フェアプレーとは何かーーーーー「フェアプレー」とは何でしょうか。

@ルールを正確に理解し、守る。
 先ず第一に、ルールをしっかりとよく理解し、実際にどのように運用されているかを知るこ   とから始まります。特に近年はルールの改正が頻繁に行われ、正当なタックルなどの解釈が変  わっています。最新のルールをしっかりと理解し、守らなければなりません。
Aルールの精神:安全・公平・喜び
   ルールの理解以上に重要なのが、「ルールの精神」、つまりルールを支配する「考え方」を理解し、それを実践するように努めることです。

 「安全」「公平」「喜び」、全部で17条しかないサッカー・ルールの精神は、この三つの言葉で表現されます。プレーや用具は相手に危険のあるものであってはならない。どちらか片方が一方的に有利な状況であってはならない。そして最終的には、選手も観客も心から楽しむことの出来るゲームでなければならない。これが「ルールの精神」です。試合中の行動の基準として、常に思い起こさなければなりません。相手側のFKのときに、決められた距離を離れずに妨害する行為、ファウル気味のタックルやチャージにあったとき大げさに倒れるなどの行為、たとえ警告を与えられなくても、「ルールの精神」に反する、アンフェアな恥ずべき行為なのです。

B レフェリーに敬意を払う
   審判を信頼し、判定を尊重するということも「フェアプレー」の大切な要素です。サッカーの歴史を見るまでもなく、審判というのは、両チームが公平に試合を進行するために頼んだ人です。その審判の判断に従ってプレーするのは当然のことです。そして選手がミスパスや判断のミスをするのと同じように、審判もミスをすることがあります。判断ミスに文句を言いたくなる気持ちはわかりますが、それを言葉や行動で示すのは、
ルール違反であるばかりでなく、非常に見苦しい行為であることを思い起こさなければなりません。まして、審判の人格を傷つけたり侮辱するような「言葉」「ジェスチャー」
「態度」はもってのほか。ルールでも厳しく禁じられているのです。

C 相手に敬意を払う
   相手チームの選手は「敵」ではありません。同じスポーツを楽しむ大切な「仲間」なのです。仲間であれば、相手の人格を尊重し、ルールとその精神に従ってプレーを競い合うことに集中してください。相手を傷つけるような反則は出来ないはずです。そして重要なのは、決して「報復行為」をしてはならないということです。その相手の反則にかっと来て冷静さを失うのは、選手として最も恥ずべき行為です。反則といっても、技術的に未熟なために遅れたタックルが、足に入ってしまう場合もあります。本当にうまい選手なら、それは分かるはずです。どんなときにも自制しプレーに集中できる選手だけが、チームのために最高のプレーをすることが出来るのです。サッカーでは試合中に誰かがひどい怪我をしたと思ったとき、ボールがどちらのチームの支配下にあろうともすぐに外に蹴りだして試合を止め、対処できるようにします。そして対処がすめば、
選手はスローインを相手チームのボールになるように投げます。これはサッカーのフェアプレーの発露の美しいシーンの一つです。こうした一連の行為によって、選手たちは相手を「仲間」として尊敬し合っていることを示すとともに、サッカーという競技の価値を自然に高めているのです。

    「フェアプレー」とは何か?
               @ルールの実際を正確に理解すること
               Aルールの精神を理解し、実践すること
                    安全・公平・喜び
               Bレフェリーに敬意を払うこと
               C相手に敬意を払うこと   すなわち、サッカーの
                    価値を高める行為である

TOPページ 前ページ 次ページ

本H.Pで掲載されている画像及び文章の無断使用はご遠慮下さる様かたくお願い申し上げます。
足立区サッカー協会